ファイクレオネ時代区分について

こんにちは、woltsasukaijuです。今回は時代区分について語って行きたいと思います。

悠里世界の時代区分は古代、中世、近代、現代があるんですよね。このうち古代と近代は厳密に決まっていてphil.0~1400が中世、紀元前が古代です。

問題は近現代で、現代のスタートをユエスレオネに人が逃げた2000年にするか社会主義連邦成立の2003年にするかで官民ともに迷う。更にめんどくさいのが現代の終わりです。私は今のとこ首相が決まってる2040年までが現代かなと思うのですが2030年まで派とか2020年まで派とかもいます。

P.S.
ポプマスが出ましたね。あれに沼ってます。皆さんも是非

イェスカ倫理学

こんにちは、Yarme=Ranteinことぶちょーです。
今回はイェスカ倫理学についてのお話をします。
イェスカ倫理学というのは南サニスで暇だったWoltsaskaijuがイェスカ哲学を個人に援用しようとしたのが始まりです。
今回はイェスカ倫理学の概要をお話します。

イェスカ倫理学の思想
イェスカ倫理学はイェスカ哲学の「愛」を最高の善としています。
その愛に人間が従属することで人間の真の自由が実現し、これにより主体化が実現されるってものです。ちなみにこの過程が「xol」です。
道徳規範ですが主体にも客体にもよりすぎるとよくないことしちゃうよね~位のもんです。始めた人間が家庭学者で継承した人間が元神官なのでちょっとガバガバなのはご愛嬌、今後に期待。

後継者について
今現在決まっている後継者としてymi^a fana^n teratieref=falirja lyuiju emirjuちゃんがいます。この子は南サニス王立アカデミー神学部で民主イェスカ主義と説得主義を学んだあとに神官をやるんですが偉い人の勧めで博士課程に進みます。この時はWotsaskaijuに直接指導を受けます。
この後、イェスカ倫理学を修めて「fentexol」の概念を実装します。
また、彼女は南サニスにおけるイェスカ倫理学の普及に大きな功績を残します。

と、まあこんな感じです。

P.S.
後継者の子の理名、リュイユさん由来なんですよね。やばい(直球)。

民主イェスカ主義

「民主イェスカ主義」ってみなさんご存知ですか?
お菓子が標榜してるあれです。でも内容はよくわからんって方が多いでしょう。今回はそのお話です。

一言で言っちゃえば「エレンへの逆張り」です。
え?もうちょっと真面目に解説してほしい?
わかりました。民主イェスカ主義とはエレンの暴力革命主義に対抗しイェスカの説いていた説得主義へ回帰しようって考え方です。
説得主義ってのはまぁ「話せばわかる」ってやつです。
じゃあなんで説得主義に彼が突き進んだかっていうとレヴェンの影響もあるんですね。彼は暴力革命によって強引に成立した政体は圧政機構にしかならないと考えたわけです。
実際、第一次社会主義体制は一年ももちませんでした。
という感じです。はい。彼はのちにイェスカ倫理学とかいうよくわからんもんを作り出します。イェスカ倫理学については後で解説します。

P.S.
年末にメンヘラフレシアかツボ男やるので見に来てください

四年戦争について

 お久しぶりです、melovilijuです。
 今日はタフターと南サニスという二つの国家の間で行われた四年戦争という戦争について、悠里包括wikiに記事を書いたのでそれについて紹介しようとおもいます。

 まず、この二つの国は惑星アレークウィといって、ユエスレオネやPMCFのあるファイクレオネとは別の世界にあります。
 このうちタフターは私の担当地域で、簡単に言えばインカとネパールを足して2で割ったような、山の上でキビやヒユの仲間を育てて暮らしている国です。南サニスの方はぶちょーおるた氏の担当で、お魚を取って平和に暮らしていた民族のはずだったのがバーサーカーになったりイェスカ狂いになったりといろいろやべー国です。

 アレークウィにおいてタフターと南サニスは隣合っていて、バーサーカー化した南サニスがあるとき国内のお金を使い果たしてしまいました。タフターには1300年の歴史を持つ由緒正しい銀山があるのですが、これを狙って南サニスがタフターに攻めてきました。
 そこからは簡単に言うと、「攻め込んだはいいが、4年間都を落とせずに寒さや攻撃をしのいてたら帰って来いと言われた」になります。
 この急に軍が急に返された理由はクーデターのせいなんですが、詳しくはwikiの記事を読んでもらうことにしましょう。

 タフターが負けなかった要因ですが、やはり山の上での防衛戦という地の利があったこと、水や食料などの備蓄がたっぷりあったという準備の良さ、何よりも都を守るために軍をはじめから一か所にまとめておいたことが挙げられるでしょう。やはり準備は何においても大切です、南サニスにもポテンシャルはあるはずなのにほとんど準備と持久力で負けているのが南サニスの悲しいところ
 南サニスはそもそも財政がやばくなってから対症療法で銀山を求め始めたので、そのあたりの計画性がこの戦争の命運を分けたといったところでしょうね。

 ちなみにいつもの例にもれずこの戦争にもユエスレオネが介入してきますが、調停が開戦から4年も後になった理由について、Fafs F. Sashimi氏はこのように語っています。

「DAPE(デュインアレス独立戦争)後で不安定だったし選挙前に介入して難民流入したら政権の支持率下がるでしょ。いくら不快でも私情だけで調停なんてできない」

 ……。
 ぐうの音も出ませんね。連邦は実際かなりあちこち出張ってきますがその分支援まできっちりやろうとするので出来ないならやらないというその姿勢は素晴らしい。

それでは今回はこのへんで。
wikiのリンクと、タフターのポータルのリンクも置いておくのでよかったら見てください。

四年戦争@悠里包括wiki
http://www.jurliyuuri.info/w/index.php?curid=578

タフター・ポータル
https://schwert398.github.io/taftarl

(P.S. この記事を書いているときにモバマスを開いたらさくらのSレアが来ていてビビりました。ジューンブライドでいずみん、7月に亜子ちゃんが来ていたのでもしかしてとは思っていましたが………)

「プロデュース」の訳語決定!

 こちらでは初めまして、各種wikiを書いたりリパライン語の入門書を書いたりをメインに活動しているmelovilijuと言います。

 今日(日付的には昨日ですが)あった合同カンファレンスのあと通話はそのまま作業通話になり、私はS.Y.氏の発表にあったタカン語で遊んだりwikirlevipの執筆などをしていました。執筆というのは具体的には訳語を相談しながら記事を書いたあとでFafs氏に添削してもらうのですが、3月に書いていたデレマスの記事の追記をしているうちに、とうとう「プロデュース」の訳語が出来ました。
 この「プロデュース」という言葉、和製英語の中でも意味が混沌としていて翻訳しづらいことで悪名高い単語なんですが、リパライン語では「人口に膾炙する」という意味の動詞tenpesを対応させることで翻訳とすることにしました。

 リパライン語は品詞が変化したときに多少意味も変わることがあり、このtenpesの場合は動名詞tenpesoになるときに他動詞化するようで「プロデュース(人口に膾炙させる)」となり、それに行為者を示す接辞-erを付けたtenpesoverが「プロデューサー」となります。

 今日は訳語が3つくらい決まったり発表がうまくいったりしたこともあっていい一日になりました。適度な話し合いがあると創作は活発になるのでこれからも一緒にいろいろやっていきたいですね。

P.S. (シンデレラガール総選挙が終わりましたね、21日の発表が楽しみです)