四年戦争について

 お久しぶりです、melovilijuです。
 今日はタフターと南サニスという二つの国家の間で行われた四年戦争という戦争について、悠里包括wikiに記事を書いたのでそれについて紹介しようとおもいます。

 まず、この二つの国は惑星アレークウィといって、ユエスレオネやPMCFのあるファイクレオネとは別の世界にあります。
 このうちタフターは私の担当地域で、簡単に言えばインカとネパールを足して2で割ったような、山の上でキビやヒユの仲間を育てて暮らしている国です。南サニスの方はぶちょーおるた氏の担当で、お魚を取って平和に暮らしていた民族のはずだったのがバーサーカーになったりイェスカ狂いになったりといろいろやべー国です。

 アレークウィにおいてタフターと南サニスは隣合っていて、バーサーカー化した南サニスがあるとき国内のお金を使い果たしてしまいました。タフターには1300年の歴史を持つ由緒正しい銀山があるのですが、これを狙って南サニスがタフターに攻めてきました。
 そこからは簡単に言うと、「攻め込んだはいいが、4年間都を落とせずに寒さや攻撃をしのいてたら帰って来いと言われた」になります。
 この急に軍が急に返された理由はクーデターのせいなんですが、詳しくはwikiの記事を読んでもらうことにしましょう。

 タフターが負けなかった要因ですが、やはり山の上での防衛戦という地の利があったこと、水や食料などの備蓄がたっぷりあったという準備の良さ、何よりも都を守るために軍をはじめから一か所にまとめておいたことが挙げられるでしょう。やはり準備は何においても大切です、南サニスにもポテンシャルはあるはずなのにほとんど準備と持久力で負けているのが南サニスの悲しいところ
 南サニスはそもそも財政がやばくなってから対症療法で銀山を求め始めたので、そのあたりの計画性がこの戦争の命運を分けたといったところでしょうね。

 ちなみにいつもの例にもれずこの戦争にもユエスレオネが介入してきますが、調停が開戦から4年も後になった理由について、Fafs F. Sashimi氏はこのように語っています。

「DAPE(デュインアレス独立戦争)後で不安定だったし選挙前に介入して難民流入したら政権の支持率下がるでしょ。いくら不快でも私情だけで調停なんてできない」

 ……。
 ぐうの音も出ませんね。連邦は実際かなりあちこち出張ってきますがその分支援まできっちりやろうとするので出来ないならやらないというその姿勢は素晴らしい。

それでは今回はこのへんで。
wikiポータルもよかったら見てください。

(P.S. この記事を書いているときにモバマスを開いたらさくらのSレアが来ていてビビりました。ジューンブライドでいずみん、7月に亜子ちゃんが来ていたのでもしかしてとは思っていましたが………)

沼ー魚人さんとは?

 どうも、melovilijuです。

 沼ー魚人(ぬまかずうおと)さんは、五十人委員会の記録を担当しているといわれています。

 もともとは、skurlavenija.mavija氏が悠里で深夜に無限スープを遊んでいるとき、「このままだと後味が悪いのであと一回」「終わるのが早すぎた、もう一回やって寝ます」と食い下がり続けるさまを見た周囲が、彼の担当であるデュインのパニャル県に住むドゥバーギョ人の名をもじって「沼にハマったな」「沼ー魚人(ぬまーぎょじん)だ」などと言ったのが元でした。
 その後これを見たales.gadultija氏が「ぬまかずうおひとって誰」と発言したことで、「沼ー魚人」という字面を持つ人物が悠里世界に登場することになりました。

 後に「うおと」と「うおひと」の2通り読みが挙がったため、乱数で読みが決定されて「ぬまかずうおと」となり、晴れて包括wikiの「五十人委員会」に名を連ねることとなりました。

 沼ー魚人さん、ご生誕おめでとうございます!

wikirlevipのあれこれ

 こんにちは、melovilijuです。今日はwikirlevipについて書くことにします。
 wikirlevipリンク:https://wikirlevip.miraheze.org/wiki/Fegen_flasti

wikirlevipって何?

 これはたぶん多くの人が思っている疑問だと思いますが、ざっくり説明するとリパライン語版のwikipediaです。発音には人それぞれの好みがありますが、「ウィキーレヴィプ」と呼んでおけばまず通じます。

 リパライン語公式サーバー(Lineparine Disocord)でのリパライン語イベントである『読み合わせ』の題材にされていることでも知られており、主催者が記事の文章を選び、それを主催者と参加者たちが順繰りに訳していくというアクティビティが行われています。
 当然ながら書いている人はリパライン語ネイティブではないため文法や語彙に穴があることも多く、『読み合わせ』にはそれらのミスを皆で読むことで指摘するという役割もあります。

 悠里のことに関係なくても記事は書くことができ、また題材に選ばれることで『読み合わせ』の参加者たちにトピックを宣伝することもできるため、wikirlevipの執筆者が増えてほしいなぁというのが今のLineparine Disocord民たちの思いです。

用語

 昨日の読み合わせで「wikirlevipを書くときに用語集があれば便利だね」という話題が出たことから、目についた記事を片っ端から読んでいってとりあえず節のタイトルだけでもとまとめてみました。
 これから記事を書こうとする皆さんの役に立てば幸いです。

  ・zuosti 概要
  ・isersti 登場人物
  ・lyjot 文字
  ・lafimertevirle 用語
  ・acirlo 歌詞
  ・~ fal jurli 悠里における~
  ・fekverlvesti 脚注
  ・tas jomurnusti 外部リンク

 そのうち書き足すかもしれませんが、一度ここで書き終えることにします。
 悠里包括wikiの方にも記事があるのでよければ見てやってください。
 Wikirlevip(悠里包括wiki):http://www.jurliyuuri.info/wiki/Wikirlevip

(P.S. 総選挙の結果が出ましたね!加蓮、9代目シンデレラガールおめでとう!!)

「プロデュース」の訳語決定!

 こちらでは初めまして、各種wikiを書いたりリパライン語の入門書を書いたりをメインに活動しているmelovilijuと言います。

 今日(日付的には昨日ですが)あった合同カンファレンスのあと通話はそのまま作業通話になり、私はS.Y.氏の発表にあったタカン語で遊んだりwikirlevipの執筆などをしていました。執筆というのは具体的には訳語を相談しながら記事を書いたあとでFafs氏に添削してもらうのですが、3月に書いていたデレマスの記事の追記をしているうちに、とうとう「プロデュース」の訳語が出来ました。
 この「プロデュース」という言葉、和製英語の中でも意味が混沌としていて翻訳しづらいことで悪名高い単語なんですが、リパライン語では「人口に膾炙する」という意味の動詞tenpesを対応させることで翻訳とすることにしました。

 リパライン語は品詞が変化したときに多少意味も変わることがあり、このtenpesの場合は動名詞tenpesoになるときに他動詞化するようで「プロデュース(人口に膾炙させる)」となり、それに行為者を示す接辞-erを付けたtenpesoverが「プロデューサー」となります。

 今日は訳語が3つくらい決まったり発表がうまくいったりしたこともあっていい一日になりました。適度な話し合いがあると創作は活発になるのでこれからも一緒にいろいろやっていきたいですね。

P.S. (シンデレラガール総選挙が終わりましたね、21日の発表が楽しみです)